人も自然も輝く未来に

専門分野 中小企業法務

顧問先さまの声

当社は、2006年頃から法律相談、2008年に顧問契約をしました。
長男が後継者として入社してくれた時期だったので、事業承継の準備として、分散していた株式の買い取りなどから始め、新会社法で新設された諸制度を取り入れた定款に変更しました。
最近では、取引先との契約トラブルを予防するため、基本契約書を作成してもら いました。アンケート表形式で使いやすく、予め当社の希望条件を書き入れておくことで、意外にすんなりと先方も同意して送り返してくれ、新規取引先が増えるとともに、契約条件の改善に役立っています。
(大阪市内で金属加工業を営むA社社長さま)

中小企業は、社会の主役
(中小企業憲章より)

当事務所は、中小企業家同友会の会員(1990年入会)です。
中小企業の実態に寄り添い、経営相談をしています。

地域を支える中小企業を、紛争リスクから護っています。

予防法務は、顧問契約から

当事務所は、顧問会社さまとの信頼関係を大切にしています。
会社ぐるみのお付き合いで、紛争予防、裁判回避、に努めています。

電話(弁護士携帯も)、FAX、メール、で何時でも相談でき、
平日48時間以内で回答します。

顧問契約のメリット

  • 日常の経営において、契約書等文書の重要性が増しています。
    顧問弁護士なら訴訟結果も見据えた契約書等のリーガルチェックができます。
    当事務所の場合、契約書の問題点を指摘するだけでなく、条項の意味やリスク、日常業務において注意すべき点など、きめ細かく検討させていただいています。
  • 日常の経営において、問題のある従業員さんへの対応など、法的には?と迷われる経営課題について、早めにご相談いただけるので、紛争の予防、回避ができます。
  • 中長期的な経営課題についても、経営者の法的相談役として、会社組織の法的整備や強化ができ、積極的な経営戦略についても法的側面から検討、支援ができます。

予防法務実績

  • 契約書等の作成やチェック
  • 基本取引契約書の作成、チェック
  • 取引先との基本契約書を作成し、現金回収率を上げることが出来ました。
  • 取引先からの契約書をチェックして、不利な条項の変更や、社内業務との整合を図ることができました。
  • 委託業者との契約書をチェックして、違法不適正な取引関係を回避できました。
  • 定款の見直し、改定
  • 定款を現行会社法に沿った内容に見直しし、事業承継に備える規定も新設しました。
  • 新規事業開拓、事業拡張、の法的検討
  • 事業用不動産の取得に際し、契約書のチェックとともに法的問題も検討し、将来の紛争を予防しました。
  • 株式や事業用資産の譲渡など経営権に関する対策や交渉
  • 事業承継に関する検討や対策
  • 分散していた株式を現社長と後継者に集約し、事業承継の法的基盤を整備できました。
  • 就業規則の見直し、変更
  • 就業規則の改定に際して、労働判例も踏まえて検討しました。
  • 労働問題や労働災害に関するご相談、対策、交渉
  • 問題のある従業員の処遇等について、法的紛争が起きないように対応しました。
  • 取引先や金融機関との債権債務関係や優越的地位濫用に関する検討、交渉、裁判
  • デリバティブなど中小企業の消費者被害に関する検討、交渉、裁判
  • 廃棄物、騒音など、環境問題、環境経営に関する検討、対策、交渉
  • 個人情報保護に関する規定整備、社内研修
  • コンプライアンスに関する社内研修
  • クレーマー対応や対策、交渉

法律顧問料

[基本] 月額5万円(消費税別) (但し、育ち盛り企業向け価格もあります)

このページのトップへ

Copyright (c) 2011 赤津法律事務所 ALL Rights Reaserved